JR大阪鉄道病院

TOPページ > 病院の特色 > 褥瘡対策チーム

褥瘡対策チーム

褥瘡とは

褥瘡(じょくそう)は、一般的に「床ずれ」とも言われ、皮膚と接触する部分に持続的な圧迫が加わることで皮膚への血流が悪くなり、皮膚やその下にある組織が壊死してしまうことを言います。しかし、褥瘡の発生は圧迫だけでなく、摩擦とずれ、失禁・低栄養、やせ、加齢、基礎疾患など、様々な要因が存在します。

 

褥瘡対策チームとは

褥瘡対策チームは、多職種(医師、薬剤師、栄養士、理学療法士、皮膚・排泄ケア認定看護師、看護師、事務)で構成され、褥瘡の予防・治療に対してそれぞれの専門性を発揮し、連携をとり活動しています。

 

 

具体的な活動内容

■褥瘡回診
週1回褥瘡対策チームのメンバーで入院中の患者さまの褥瘡ケアを実施・検討しています。
■褥瘡対策委員会
毎月1回褥瘡対策チームのメンバーで開催しています。
院内褥瘡発生率等のデータ管理、症例検討、研修会の企画・開催などを行なっています。
■研修の開催
褥瘡対策委員会主催の研修会を毎年2~3回開催し、職員の褥瘡に関する必要な知識の向上を図っています。