JR大阪鉄道病院

TOPページ > 病院の特色 > 院内感染対策チーム

院内感染対策チーム

院内感染対策チーム(ICT)とは

私達「院内感染対策チーム(ICT)」は、医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、事務スタッフによって構成され、様々な職種が連携しながら、最善の感染対策ができるように努めています。
感染対策は、“感染症の有無に関わらず”日常的な実践が感染予防に繋がります。外来・入院患者さん、ご家族、職員など、病院に関わるすべての人を守るため、また、感染症を広げないために、継続した職員教育やサーベイランスを行い、院内の感染対策の質向上に向けて取り組んでいます。

 

 

具体的な活動内容

  • 週1回、ICTラウンドとして病棟へ伺い、感染症例の相談、助言を行っています。
  • 抗菌薬の使用状況の把握と適正使用を推進しています。
  • 院内感染発生時には迅速に対応し、院内感染の伝播を防ぎます。
  • 年2回以上、全職員対象の感染対策教育を実施しています。
  • 各部門における感染対策教育を実施しています。
  • 院内感染の発生率に関するサーベイランスを実施し厚生労働省(JANIS)に報告しています。