JR大阪鉄道病院

TOPページ > 病院のご紹介 > 最新型マンモグラフィ~トモシンセシス(3Dマンモグラフィ)~のご紹介

最新型マンモグラフィ~トモシンセシス(3Dマンモグラフィ)~のご紹介

最新型3Dマンモグラフィを導入しています

当院では2015年3月より最新型のトモシンセシス機能つきマンモグラフィ装置を導入し、乳癌の早期発見に努めています。

 

トモシンセシス(3Dマンモグラフィ)とは

トモシンセシスとは、通常の3次元画像ではなく、CTやMRIのような約1mm間隔の断層像が得られます。従来の画像では、乳腺密度の高い方などで、乳腺組織と病変とが重なり、病変が判断しづらいことがありました。また、乳腺組織どうしが重なりあい、病変のようにみえてしまうこともありました。しかし、この画像があれば、乳腺組織の重なりを低減し、より正確な診断が期待できることで、乳がんの早期発見の可能性が高くなります。

 

トモシンセシス(3Dマンモグラフィ)により、病気があることがはっきりとわかります。

通常撮影では見えづらかったものが、トモシンセシス(3Dマンモグラフィ)によりはっきりと見えるようになりました。

通常撮影では腫瘤を疑われましたが、トモシンセシス(3Dマンモグラフィ)により、乳腺の重なりであることがわかりました。

 

撮影について

撮影におきましては、従来の方法と何ら変化はありません。 1回の圧迫で、通常撮影とトモシンセシスの両方を撮影しますので圧迫の回数が増えることはありません。また、撮影時間においても当院の装置では、十数秒と短い時間で撮影可能となっており、撮影中に装置が、左右に動きますが、体が接している部分は、固定された仕様となっていますので、安全に検査を進めることができます。曝線量に関しても、日本乳がん検診精度管理中央機構の基準を満たしております。当院には、日本乳がん検診精度管理中央機構の認定技師も在籍しております。

※大阪市乳がん検診では、通常撮影(2D)のみとなります。