JR大阪鉄道病院

TOPページ > 診療科・専門外来 > リハビリテーション科

リハビリテーション科

特色


後藤一平(部長)

回復期リハビリテーション病棟(40床)を完備しています。脳血管疾患、脊髄疾患、神経・筋疾患、骨関節疾患、呼吸器疾患を中心に、関節リウマチ・膠原病、切断肢、悪性腫瘍や認知症まで幅広い疾患群に対し訓練を実施しています。常勤理学療法士17名、常勤作業療法士9名、常勤言語聴覚士2名にて、急性期から回復期まで幅広い病期の訓練を実施しています。施設基準は、脳血管疾患等リハビリテーション(Ⅰ)、運動器リハビリテーション(Ⅰ)、呼吸器リハビリテーション(Ⅰ)、がん患者リハビリテーションです。

 

 

理学療法、作業療法、言語聴覚療法のご案内はこちら(リハビリテーション室)
回復期リハビリテ―ション病棟のご案内はこちら

 

医師

  医師名 役職 専門分野 資格
  後藤一平 部長 リハビリテーション全般 日本整形外科学会専門医
  山本孝徳 医長 リハビリテーション全般・脳血管疾患 日本神経学会専門医、日本内科学会認定内科医、日本臨床神経生理学会認定医(筋電図・神経伝導分野、脳波分野)

 

 

診療担当表

診療担当については、こちらのページでご確認ください。