JR大阪鉄道病院

TOPページ > 診療科・専門外来 > 糖尿病・代謝内科

糖尿病・代謝内科

主な疾患

糖尿病全般(1型、2型、妊娠、2次性ほか)、甲状腺疾患全般、代謝疾患(高脂血症、高尿酸血症、メタボリックシンドローム等)

 

特色


大西正芳(部長)

指導医、専門医、療養指導士(看護師、栄養士、臨床検査技師、薬剤師)等による経験豊富なチームにより、糖尿病教室、個人栄養指導、教育入院(1~2週間、ご希望に合わせ調整)を、また必要時には外来でのインスリン導入、血糖自己測定(SMBG)導入を行います。
持続皮下インスリン注入(CSII)療法やCGM(皮下連続式グルコース測定(3~4日間の短期CGM入院も可能))も行います。 糖尿病や脂質異常症などの動脈硬化の早期診断に各種検査で万全を尽くしています。
毎週水・木・金曜日午後に専門の看護師によるフットケア外来を開いています(予約制)。
甲状腺疾患の診断(超音波下穿刺吸引細胞診など)、治療をはじめ、各種内分泌、代謝疾患の検査・診断を行います。

 

医師

  医師名 役職 専門分野 資格
  大西正芳 部長 糖尿病、内分泌 日本内科学会総合内科専門医・指導医、日本糖尿病学会専門医・研修指導医、日本医師会認定産業医
  杉田倫也 医長 糖尿病、内分泌 日本内科学会認定内科医、日本糖尿病学会専門医
  芳村悠太 医員 糖尿病、内分泌  
  西原大道 医員 糖尿病、内分泌  
  一尾直子 非常勤 糖尿病、内分泌 日本内科学会認定内科医、日本糖尿病学会専門医、日本医師会認定産業医、労働衛生コンサルタント
  山口満喜子 非常勤 糖尿病、内分泌 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医、日本糖尿病学会専門医、日本医師会認定産業医
  北川良裕 非常勤 糖尿病、内分泌 日本内科学会認定内科医・指導医・近畿評議員、日本糖尿病学会専門医・指導医・評議員、日本内分泌学会専門医・指導医・代議員、日本医師会認定産業医、日本病態栄養学会評議員、京都府立医科大学臨床教授

 

 

診療担当表

診療担当については、こちらのページでご確認ください。

 

 

診療実績(平成27年度)

     
  外来患者数 61.9人/日
  入院患者数 8.9人/日
  平均在院日数 13.1日

 

 

主な検査・治療実績(平成27年度)

     
  [検査]  
  甲状腺エコー 406件
  甲状腺穿刺 123件
  頚動脈エコー 649件
  PWV ABI/TBI 844件
  [外来糖尿病患者データ]  
  集計数 1,489名
  平均年齢 67.9歳
  平均罹病期間 18.1年
  食事療法 2.3%
  経口薬 76.8%
  インスリン 38.9%
  GLP-1 2.7%
  1型 7.6%
  平均HbA1c 6.93%
  網膜症NDR 65.7%
  腎症Ⅰ期 56.3%
  神経障害無 41.1%
  虚血性心疾患有 13.1%
  脳血管障害有 9.6%
  高血圧有 60.3%
  脂質異常症有 65.7%

 

 

>